離れ駒に手あり!格言紹介

将棋はかせ

今回は格言

離れ駒に手あり」を紹介するぞ。

スポンサーリンク

離れ駒とは?

今回はまず離れ駒の話。まず下の図を見てみよう

相手の桂でこっちの香が取られそうだね。でも取られても金で取り返せるよ。
そうじゃな。この香は相手に取られても、自分の駒で取り返すことができる。この状態を「ひもがついている」と呼ぶんじゃ。
香は金に守られてるんだね。でもその金はひもがついてないよ。
うん。この金のようにひもがついていなくて孤立している駒離れ駒というんじゃ。

※「浮き駒」ということもあります。

赤枠の駒は離れ駒だ

※玉にもひもがついていませんが、離れ駒とは考えないものとします。

敵陣には離れ駒がたくさんあるね。持ち駒の飛車を使って攻めてみたいな。
そうじゃな。飛車をどこに打つのがいいかな?

▲3五飛で銀と金の両取りがかかる

この飛車で離れ駒の銀と金を狙うのが厳しいね。
その通り。

離れ駒に手あり」とは、

相手の離れ駒に着目すると、いい手が思い浮かぶよということじゃ。

離れ駒を攻撃のターゲットにするといいんだね。

離れ駒を狙ってみよう!

今回は離れ駒に着目して攻める問題をやってみよう。

問題①

 離れ駒を攻める一手を考えよう。
 

相手は金や桂が離れ駒だね。飛車をどこに打つのがいいかな。
飛車を縦横にフル活用して攻めてみよう。

問題①正解図

▲8二飛

金と桂を狙う飛車打ちが厳しい

相手の金が離れ駒だから、この手が厳しいんだね
その通り。金はしっかり囲いにくっつけておかないと、こういう攻めを食らってしまうんじゃ。

問題②

今度は持ち駒が角だね。いくつか離れ駒があるけど、どれを狙うといいのかな。
盤面全体を広く見て考えよう。

問題②正解図

▲5四角

飛車と桂の両取り

角を持ち駒にしたら、敵陣に狙える離れ駒がないか見てみよう

問題③

次は3手で一組の攻めを考えよう。

 あんまり狙えそうな離れ駒が無いなあ。
確かに今は敵陣にスキが少ない。でも持ち駒の歩を使って陣形を乱してみよう

問題③正解図

▲3二歩

「たたきの歩」で敵陣を乱す

たたきの歩」で駒の連携を壊すんだね。
そう。もちろん相手は△同金と取るしかないけど…

問題③参考図1

金を上がらせたことで、▲5二飛が両取りに

すごい!これで両取りだ。敵陣に離れ駒が無い時は、作ってしまえばいいんだね。
その通り。ちなみにたたきの歩を入れないで飛車を打ってしまうと…

問題③参考図2

△6二金と受けられて飛車を逃げるしかない

 両取りではないから、金を引かれて飛車に当てられてしまうね。
こうなると飛車を逃げるしかなく攻めが失敗じゃな。

問題④

次も3手一組の攻めを考えよう。

 この問題でも離れ駒が無いなあ。どうしよう。
今は連携のいい形だけど、持ち駒の歩で敵陣を乱して攻める手順を考えよう。

問題④正解図

▲5四歩

▲5四歩の「たたきの歩」

このたたきの歩が急所の一手なんだね。
そう。相手は△同銀の一手だけど、駒の連結が無くなるから…

問題④参考図1

▲3五角で飛車銀両取りがかかる

これできれいな両取りだ。相手はたった一歩のたたきで金銀がバラバラになってしまったね。
その通り。離れ駒を狙うのは基本離れ駒を作る応用技もできるようになろう

まとめ

今回覚えてほしい格言は

離れ駒に手ありじゃ。

敵の離れ駒に着目して、攻めの手を考えるといいんだね。
そう。敵陣にスキが無い時は、歩をうまく使って陣形を乱すのも大切じゃ。 
守りの立場から言えば、自分の離れ駒がターゲットにされるのを気を付けないといけないね。
その通り。自陣内になるべく離れ駒を作らないようにするのも肝心じゃ。

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする