玉のいろいろな格言紹介!

将棋はかせ
今回は玉に関するいろんな格言を紹介するぞ。
スポンサーリンク

覚えておきたい玉の格言

玉の腹から銀を打て!

玉の腹から銀を打て」とは

敵玉を寄せるときに腹銀の形にするといいということじゃ。

下の図みたいに玉の横に銀を打つのを腹銀(はらぎん)というんだね。

寄せの基本「腹銀」

腹銀は終盤で頻出だから、ぜひ使いこなせるようになろう。例えば下の図のようなとき。

腹銀で敵玉を詰ましてみよう

腹銀がいるおかげで、▲2三金と打てば詰みだよ。

▲2三金

その通り。腹銀の形にすると、敵玉を詰ましたり必至をかけたりしやすいんじゃ。

桂頭の玉寄せにくし

桂頭の玉というのは下の図のような形じゃ。

桂頭の玉

文字通り桂の頭に玉がいるんだね。

桂頭の玉寄せにくし」とは

敵玉を「桂頭の玉」の形にしてしまうと寄せにくいよということじゃ。例えば下の図。

桂頭の玉だね。もうちょっとで詰みそうなのに、きわどく詰まないなあ。
そう。このときもし2五の桂がいなかったら…

もし2五の桂がいなければ▲2五金で詰み

桂のいたスペースに金が打てれば詰みなんだね。
このように桂頭の玉では、桂が邪魔になって詰まないということが起こるんじゃ。
詰将棋でもじゃま駒消去の筋があったりするよね。
まあもちろん桂頭の玉がいつでも悪いわけではなく例外も多いから注意しよう

端玉には端歩

端玉には端歩」とは

敵玉が端にいるときには、端歩を突くといいということじゃ。例えば下の図のようなとき。

敵玉が端にいるときは端攻めを狙おう

敵玉が端にいるときは、端から攻めていくのが厳しいんだね。
その通り。「端玉には端歩」は実戦では超重要な格言。相手が端玉なら、多少戦力不足と思っても端攻めをしてみるといいぞ。

覚えなくてもいい玉の格言!

ここから紹介する格言はたいして大事じゃないけど一応知っておこう。

目から火の出る王手飛車

目から火の出る王手飛車」とは

王手飛車取りはすごく厳しいよということじゃ。

王手飛車を食らうと将棋が終わってしまうことも

すごく当たり前のことを言ってる格言だね。
まあ要するに王手飛車に気を付けてなってことじゃ。

初王手目の薬

初王手目の薬」(はつおうてめのくすり)とは

最初の王手は単なる目の薬程度で、たいしたことないよということじゃ。

確かに最初の王手でいきなり詰むことはめったにないよね。
この格言は、「とりあえず一回王手すると気持ちが落ち着く」みたいな意味で使われることもあるな。

ヘボ将棋、王より飛車をかわいがり

ヘボ将棋、王より飛車をかわいがり」とは

初心者は一番重要な玉より、飛車を大事にしてしまって負けるということじゃ。

飛車ってすごくかっこいいし、大事にしたくなる気持ち分かるなあ。
まあそうはいっても、もちろん一番大事なのは玉。優先順位を間違えないようにな。

必須の格言もおさらい!

玉にまつわる大事な格言は他にも勉強したな。ここでおさらいしよう。

☆王手は追う手☆

むやみに王手をしてもただ追いかけるだけで、逃げられてしまう。だから玉は包むように寄せるとよい。

将棋の格言「王手は追う手」を紹介しています。むやみに王手をかけるのではなく、相手玉の包囲網を作って包むように寄せることが大切です。

☆玉は下段におとせ☆

敵玉を下段(下の方)に追いやると寄せやすい。反対の格言は「中段玉寄せにくし」

将棋の格言「玉は下段に落とせ」を紹介しています。玉は下段にいる方が寄せやすくなります。玉を下段に落とす詰将棋もやってみましょう。

☆玉の早逃げ八手の得☆

玉が危なくなったら早めに逃げると玉の寿命が延びることがある。だからピンチの時は早逃げを考えるとよい

将棋の格言「玉の早逃げ八手の得」を紹介しています。早めに玉を逃がすことで、玉の寿命を延ばせることがあります。早逃げの感覚をつかむための問題もやってみましょう。

☆居玉は避けよ☆

居玉(玉が初期位置のままのこと)は危険だから早めに玉を動かしたり囲ったりするのがよい

将棋の格言「居玉は避けよ」を紹介しています。玉の安全をしっかり確保して、安心して戦いましょう。

☆玉飛接近すべからず☆

自分の玉と飛車が近くにいると、同時に攻められたときに非常に厳しい。だから玉と飛車は離して配置するのがよい

将棋の格言「玉飛接近すべからず」を紹介しています。玉と飛車は離して、安全に戦いましょう。
忘れてる格言があったら、もう一度勉強しよう。

まとめ

今回特に覚えてほしい格言は下の3つじゃ。

①玉の腹から銀を打て

②桂頭の玉寄せにくし

③端玉には端歩

玉は一番大事な駒だけに、いろんな格言があるんだね。

※他の将棋の格言はこちら

将棋の格言を紹介しています。格言には将棋のエッセンスが詰まっているので、ぜひ覚えましょう。

スポンサーリンク

フォローする