玉飛接近すべからず!格言紹介

将棋はかせ

今回のページでは将棋の格言

「玉飛接近すべからず」を解説しよう!

スポンサーリンク

玉と飛車は離そう!

「玉飛接近すべからず」とは

自分の玉と飛車は近づけない方がいいよということじゃ。

接近するなってことだね。
まずは下の図を見てみよう。

相手の玉と飛車が隣同士だね。
ここで▲2三歩成とすると…。

上の図から▲2三歩成

王手飛車取りで、玉が逃げたら飛車が取れるよ。超厳しいね。
そう。このように玉と飛車が近くにいると、同時に攻められて、飛車が犠牲になってしまうんじゃ。
玉も飛車もとても大事な駒だから、離して配置した方がいいんだね。
それに飛車は攻めの主役だから、飛車の周りは戦場になりやすい
だから飛車と玉は離した方が安全なんだね。
そういうこと。例えば下の図を見てみよう。

相矢倉の一例

※相矢倉など将棋の戦法についてはこちら

先手も後手も玉とを左右に配置しているね。
このように玉と飛車を反対に配置するのは、将棋の陣形の大原則なんじゃ。

三間飛車対居飛車の一例

もちろん対抗形でも同じで、玉飛を左右に離すぞ。
そうなんだ。これからは序盤の駒組みの時に意識するよ。
まあもちろん例外はあって、横歩取りなどでは玉を中央にすることもあるぞ。

玉飛接近の怖さを知ろう!

玉と飛車が近いのは悪い形なんだね。
ここからは玉飛接近がいかに悪形で危険なのか、ワン太くんに実感してもらおう。

例①

まずはこの局面。ワン太くんならどう指す?

相手は完全に玉飛接近だね。いろんな攻めがありそうだ。
この局面では▲2三歩が厳しいな。

上の図から▲2三歩

飛車が取れそうだし、玉も詰みそう
ここで飛車を逃げると…

上の図から△5二飛▲2二金打で詰み

金を打って詰むんだね。
玉と飛車が近かったから、こういう攻め筋が生じたんじゃな。

例②

次はこの局面。この後の三手を読んでみよう

持ち駒は銀と香か。
飛車を攻めつつ、玉の寄せにも効く一手があるな。

上の図から

▲2三銀 △3一飛

▲1二香   と進んで詰み

△2三銀で飛車を攻めて、飛車が逃げたら玉が詰むんだね。

例③

次も、この後の三手を考えてみよう

どう攻めるかな~。
この玉はすぐ寄るわけではないけど、厳しい攻めがあるぞ。

上の図から

▲3一銀 △3二飛

▲4四桂  と進んで

▲4四桂で王手飛車取りだ

銀を打って飛車を1つ動かしてから、桂の両取りか。
ここでも玉飛接近の悪形がたたってしまったな。
実戦でこんな攻めが決まれば気持ちいいだろうね!

例④

最後の例は実戦で出てきそうな筋じゃ。三手読んでみよう。

今度は持ち駒無しか。
どう攻めるのが一番いいか考えてみよう。

上の図から

△3三歩成 ▲同桂

△3四歩  と進んで

ここから△2五桂と桂を逃げれば、▲3三歩成が厳しい

桂の頭に歩を打って攻めるのが厳しいね。
玉飛接近がいかに悪い形で、危険なのか分かったかな?

まとめ

今回覚えてほしい格言は

玉飛接近すべからず」じゃ。

玉と飛車を同時に攻められてしまうと、猛烈に厳しいんだね。
そう。だからほとんどの戦法ではこの2つを反対に配置するんじゃ。 
これからは玉と飛車をきちんと離して戦うよ。
ただし上級者向けの戦法では、玉飛接近の形もある。まあ初心者のうちはそういう戦法はやらない方がいいけど。

スポンサーリンク

フォローする