玉は下段におとせ!格言紹介

将棋はかせ

今回のページでは将棋の格言

玉は下段に落とせ」を解説しよう!

スポンサーリンク

下の方が詰ましやすい!

ワン太くん
玉は下段に落とせってどういうこと?
玉というのは下の方にいると寄せやすいんじゃ。

下の図を見てみよう。

これは金を打っていけば詰むよ。

上の図から▲2三金△3一玉▲3二金で詰み

その通り。 玉が下の方にいると簡単に詰ませられるな。

もう1つの例を見てみよう。

持ち駒は金2枚でさっきと同じだけど、詰みそうにないね。
そう。金を打って詰まそうとしても、下の図のように逃げられてしまうな。

上の図から▲2五金△2三玉▲3二玉と進んだ局面

玉が中段にいると逃げ道が広くて、捕まらないね。
「玉は下段に落とせ」と反対の格言で

中段玉寄せにくし」がある。

玉が盤の真ん中へん(中段)に行ってしまうと、なかなか寄せられないんだね。
そう。下段の方が逃げるスペースが少ないから、相手玉はなるべく下の方で仕留めるといいぞ。

玉を下段に追いつめろ!

じゃあ玉を下段に落とす詰将棋をやってみよう。

問題①

問題①

玉を上に逃がしてはダメなんだね。
そう。下に落として仕留めるんじゃ。

それでは正解発表じゃ。

問題①正解

▲2一飛成

△同玉

▲2二金

にて詰み

▲2一飛成に△1三玉なら▲2四金で詰み

飛車を捨てて玉を1段目に落とすんだね。
このように玉を下段に落として、頭金で詰ます筋は実戦でよく出るぞ。
うん!次の問題行ってみよう。

問題②

問題②

下段に落とすのがコツなんだよね。
それでは正解発表じゃ。

問題②正解

▲3一角

△同玉

▲3二金

にて詰み

やっぱり下の方に行くと、逃げるスペースが少ないね。
そう。「玉を下段に落とせ」の意味が分かったかな?
うん!よく分かったよ。今度実戦でも試してみる。

まとめ

今回覚えてほしい格言は

玉は下段に落とせ」と

中段玉寄せにくし」じゃ。本質的には2つとも同じ意味じゃな。

中段の方が安全なら、最初から中段に玉を囲ったらだめなの?
まあ確かにそういう考えもあるんじゃが、序中盤では下段の方が戦場から遠くて安全なんじゃ。 
そうなんだ。じゃあ普通に玉は下段に囲ったほうがいいんだね。

終盤の手筋を勉強したい人はこの本がおすすめ

スポンサーリンク

フォローする