3手詰めをやってみよう②

前回のページ

一手詰めができるようになったら、次は3手詰めをやってみましょう。ワン太くんも3手詰めに挑戦します。
将棋はかせ
前回のページでは、

「簡単な3手詰め」をやってみたぞ。

今回はもう少し難しめの3手詰めをやってみよう!

スポンサーリンク

もっと3手詰め!

 前回は初めて3手詰めをやったけど、とても楽しかったな。
今回はもうちょっと難しめだぞ。早速始めよう。

問題①

まず角を取って…
いつも通り、玉を上に逃がしてはダメじゃぞ。

それでは正解発表じゃ。

問題①正解

▲1三金

△同桂

▲2四桂

金を捨てて逃げ道をふさぐのがポイントじゃな。
そっかあ。こうやって逃げられないようにするんだ!

それじゃ次行ってみよー。

問題②

玉を3三に逃げられるといけないのかなあ。
そうじゃな。詰将棋は盤に並べてやるといいぞ。

問題②正解

▲3一飛成

△同玉

▲4二金

▲3一飛成と飛車を取らせれば、玉を上に逃がさなくて済むんじゃ。
なるほど。ぴったりな一手があるもんだなあ。
 さあ次の問題に行こう。

問題③

これは実戦で出てきそうな局面じゃな。

上に逃げられそうだけど、捕まえられる気がしないよ…

問題③正解

▲3五金

△同歩

▲同飛成

そっかあ。歩で取られるところに金を打つのか。
この手筋も覚えておくと実戦で役立つぞ。

では最後の問題じゃ。

問題④

盲点になりやすい一手があるんじゃ。
なんだろな~

問題④正解

▲5二角成

△同銀左

▲4二銀打

この問題のポイントはもちろん▲5二角成じゃ。

問題④途中図

相手の銀を取るわけじゃなくて、何もないところに成るのか!
そう。これでどっちの銀で取っても詰むな。
詰将棋って奥が深いなあ。

まとめ

詰将棋のコツがちょっと分かってきたかも。玉を逃がさないようにすることを考えればいいんだ!
その通り。実戦でも「玉は包むように寄せよ」という格言がある。
うん!もっと終盤が強くなるように、詰将棋をやりたいな!

もっと詰将棋がやりたい人はこの本がおすすめ。

スポンサーリンク

フォローする