3手詰めをやってみよう①

前回のページ

ワン太くんが初めて詰将棋に挑戦します。簡単な1手詰めから紹介しているので、詰将棋を初めてやる人に読んでほしいページです。
将棋はかせ
前回のページでは、

「1手詰め」をやってみたぞ。

今回のページでは3手詰めをやってみよう!

※「詰み」については下のページ

将棋の最後の仕上げ、詰みとはどんなものか解説しています。
スポンサーリンク

詰将棋のルール

前回は1手詰めをやって、とても楽しかったな。
ワン太くん、今回はもう少し難しい3手詰めをやってみよう。
僕にもできるかなあ。
大丈夫!でも3手詰めからは本格的になっていくから、改めて詰将棋のルールを確認しよう

知っておきたい詰将棋のルール

①攻方(自分側)は王手の連続で詰まさないといけない。

②攻方は持ち駒をすべて使いきらないといけない

(最後に持ち駒が余ってはいけない)

③玉方(詰まされる玉側)は手数が最長になるように、最善の手順で逃げないといけない。

④玉方は問題に出てない駒すべてを合い駒として使える。

⑤玉方は無駄な合い駒は打たない。

他にも細かいルールはあるんじゃが、実際にやりながら覚えていけばいいぞじゃ。
わかった。じゃあ早速3手詰めをやってみよう!

3手詰め

それでは簡単な3手詰めから始めてみよう。

問題①

はかせ、これは簡単だよ。
金と銀を打つ順番を気を付けてな。

それでは正解発表じゃ。

問題①正解

▲2三銀打

△3一玉

▲3二金

金と銀の打つ順番を逆にすると詰まないから要注意じゃ。
この問題は簡単だよ!

それじゃ次行ってみよー。

問題②

持ち駒は金と桂か~。
詰将棋は盤に並べてやるといいぞ。

問題②正解

▲3三桂

△3一玉

▲4一金

▲3三桂を△同金と取れば、

▲2二金と打てばいいな。

ちょっと難しくなってきた。
 さあ次の問題に行こう。

問題③

銀を打って、玉を逃げてと…

玉を遠くに逃がさないように詰ますのが大事じゃ。

問題③正解

▲4二銀

△同銀

▲3二銀

そっかあ。先に▲2二銀と打つと、玉に逃げられてしまうんだね。
その通り。

では最後の問題じゃ。

問題④

飛車を打てば簡単に詰みそうな気がするなあ…
玉を上に逃がさないように気を付けてな。

問題④正解

▲1二飛

△3一玉

▲2二飛成

一旦遠くに飛車を打つのが正解なんだ!
そう。2二にいきなり打つと、下の図のように上に逃げられて詰まんぞ。

問題④失敗図

ほんとだ。どんどん上に逃げられて、詰みそうにないね。
なるべく広い方に逃げられないようにするのが詰将棋のコツじゃ。

まとめ

ああ~とっても疲れた。でも詰将棋ってすごく楽しいね!
ワン太くん、詰将棋の魅力に気づいてくれたな。
うん!もっと詰将棋やりたい!
じゃあ次回はもう少し難しい3手詰めをやろう。

もっと3手詰めがやりたい人はこの本がおすすめ。

加藤一二三の3手詰め (将棋パワーアップシリーズ)

次のページでは、もう少し難しい3手詰めをやってみよう!
スポンサーリンク

フォローする